ホームリウマチ体験記 ≫ 腱鞘炎とリウマチを間違われたかも有加

腱鞘炎とリウマチを間違われたかも有加


2015_5_03_itihatu1.png

腱鞘炎と診断された有加は、なすすべもなく日々を過ごしていました。

まだこの時は、腱鞘炎(けんしょうえん)と言われていたので、そのつもりでいました。

後から思えば、これがリウマチの始まりだったのだと思います。

こちらのランキングには、おもしろい記事がいっぱい。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

リウマチのこれまでのお話はこちら ⇒ リウマチ闘病記

いつまでも、左腕を三角巾で首から吊っている有加の状態を見かねて、知人が整体師を紹介してくれました。

この整体師は予約制でした。紹介者がいないと予約が取れません。一見客はダメってことですね。

予約した時間に行くので、そこの整体院が、流行っているかどうかは分かりませんでした。超田舎にありました。田舎もんの有加が言うのですから、本当にど田舎です。

で、1ヶ月に1回行くことになりました。


腱鞘炎の状態は、少し良くなったり、少し悪くなったりを繰り返しながら、2年位で気にならなくなりました。

そして、ちょうどその頃に、先生は山に修行に行かれて(山ごもり)、しばらく治療院はお休みになりました。

腱鞘炎が、ちょうど良くなった時でよかったです。


今なら分かるのですが、この時は、まだ知らなかったのです。この先生が気功を使って治療をされていたことを。

気功はリウマチに効くんです。有加には効きました。

後に通院することになる整形外科のリハビリの先生も、気功はリウマチに効くっておっしゃいました。


つづく・・・

こちらのランキングには、おもしろい記事がいっぱい。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル