ホーム日野・新選組のふるさと資料館 ≫ 新選組隊士の位牌と土方歳三の銅像がある高幡不動尊へ・・・

新選組隊士の位牌と土方歳三の銅像がある高幡不動尊へ・・・


2015_5_19_hana1.png

土方歳三資料館の最寄り駅は、多摩モノレールの「万願寺」です。

1駅隣が「高幡不動」、かの有名な高幡不動尊があるので、今度は高幡不動尊に行ってみましょう。

正式名称は「高幡山明王院金剛寺」です。

何があるのかな?

こちらには、おもしろい記事がたくさんあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
■ 前回のお話はこちら ⇒ 日野の土方歳三記念館の和泉守兼定と近藤勇の丹波守藤原照門


ここは新選組の菩提寺となっており、近藤勇、土方歳三をはじめ、新選組隊士の位牌があります。

さらに、境内には、土方歳三の銅像があります。

局長の近藤勇を差し置いて、副長の土方歳三です。

なぜって、ご当地ですからね。

土方歳三の像は、門を入ってすぐ左手側にあります。

大きいです。凄く目立ちます。


新選組隊士の位牌は大日堂に安置されています。

このお堂の中には「鳴り龍」の間があります。

部屋の中央で柏手を打つと、びぃ~~~ん、びぃ~~~ん、と響いて、その音が龍の鳴き声のように聞こえるのです。

これがまあ、よく出来ていまして、鳴き龍の間の中にいる人にしか聞こえません。

参拝している人を外から見ていても、普通に手を叩いているようにしか聞こえないのです。

不思議不思議、摩訶不思議。

お堂に入ると、すぐに鳴き龍の間があり、新選組隊士の位牌は、裏手側の奥にあります。


その他、奥殿にも、土方歳三の書簡や、天然理心流(てんねんりしんりゅう)の木刀など、新選組関連の資料があります。

ここは宝物殿で、仏像や仏具や仏画など、重要文化財に指定されているものもたくさんあります。


そして、何といっても、本尊の丈六不動明王像!

脇侍の矜羯羅童子(こんがらどうじ)と制吒迦童子(せいたかどうじ)と合わせ、日本一の不動三尊と言われています。

これを、目の前で見ることができます。

ただただ、圧巻でした。デカイ。

不動明王なのに、如来像のような雰囲気でした。

袈裟のせいでしょうか。


さてさて、高幡不動は、新選組や土方歳三の銅像だけではなく、他にもみどころがたくさんあります。


当日は、市がたっていて、凄くにぎやかでした。

「ござれ市」、いわゆるがらくた市です。

毎月第3日曜日に開催されます。


また、6月1日からは、あじさい祭が始まります。裏山があじさいで色づきます。

まだ期間外ですが、境内の数か所に棚が設置され、めずらしい山あじさいが並んでいました。

さすがに、まだ咲ききってないなあ。でも、咲きはじめの小さな花は、かわいかったです。


かなりゆっくりじっくりと高幡不動尊の境内を散策し、では、次の名所へ・・・行ってはいけません。

まだ、一番重要なイベントが残っています。

これをすませずに帰る(去る)わけにはいかないのです。フッフッフ。

それは・・・続きます。 ⇒ 高幡まんじゅう美味しいよね、初めて食べたのは35年前・・

前回の記事はこちら ⇒ 日野の土方歳三記念館の和泉守兼定と近藤勇の丹波守藤原照門
関連記事
・無料でセレブ旅行に行く方法

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル