ホーム糖尿病体験談(日記) ≫ またしても勝手にジェネリック医薬品に変えられていた

またしても勝手にジェネリック医薬品に変えられていた


2015_5_27_arusutoromeria1.png

ひさしぶりに糖尿病の病院に行ってきました。

またしても調剤薬局で勝手にジェネリック医薬品にされてしまいました。

薬を出されたら、信用して持ち帰りますよね。

危ないあぶない。

こちらには、おもしろい記事がたくさんあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

■ 前回のときのお話はこちら。 ⇒ ジェネリック医薬品に勝手に変更されてたまるか

病院で診察の時に、先生がいつものごとく、いつもの薬を出しときますって言われたので、前回ジェネリック医薬品のままだったので、正規品に戻してくださいって言いました。

先生は薬の名前をコンピュータに記入しなおしてくれました。

この目で、しっかりと見ましたよ。


それなのに、調剤薬局の薬剤師は、勝手にジェネリック医薬品に変えたんですよ。どうなってんでしょうね。

病院の側にあるので便利だから、その調剤薬局に行ってるんだけど、また、家の近所の調剤薬局へ行こうかしら。


薬を渡された時に、メガネをかけていなかったので、はっきり見えなかったけど、今までと同じ薬に見えたので、この薬の名前は何ですかと聞きました。

すると、ジェネリック医薬品の名前を言ったので、ジェネリックではないはずですがと言ったら、ジェネリックを希望されるお客様もいらっしゃるからだって言うのよ。

勝手に処方箋に線を引いて訂正してたよ。有加が気が付かなければ、わざわざ違う薬を渡して知らんぷりなのね。

有加が確認されたのならいいのよ。でも、勝手に変えるのはアウトでしょう。


ジェネリック医薬品は安いけれど、こんなことされるんじゃ、調剤薬局はジェネリックを出した方が儲かるのかしらね?点数とかあるのにどうなってんでしょうね。
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル