ホーム断捨離実践の効果的な方法やコツ ≫ 断捨離の効果的な方法やコツを考えてみました

断捨離の効果的な方法やコツを考えてみました


2015_6_07_ajisai1.png

断捨離を始めるってことは、物を捨てて身軽になりたいわけですよね。

でも、なかなか捨てられない。

では、どうやって物を処分したらよいか、効果的方法やコツを考えてみます。これだったら捨てられそうです。

こちらには、おもしろい記事がたくさんあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

では、服で考えてみます。

服を捨てたい、でも捨てられない。

そのために、いつまでたってもクローゼットやタンスの中に、衣類があふれかえっている。

そんな状態が続いていますよね。

目につく服は、全部いつかは着ると思えてきます。そのいつかは来ないのに。

だから、ドンドンと洋服で場所が奪われていき、そこら中に置いたり、掛けたりすることになる。


そして、居住空間は快適性がドンドン損なわれていきます。

そうすると、片付けも掃除もやる気が無くなり、だんだんと汚部屋に近づいていく・・・。

そんな結末が待っているかもしれません。

そんな結末にならないためには、断捨離をして捨てる(処分)以外にはありません。


では、どうやって断捨離をするか。ですよね。

対象物を見て、一つ一つこれは「いる」、これは「いらない」と分けるのは、正直なところ、ちょっと大変だと思うのです。

これまでも捨てられなかったのだから。

すぐに、いつか着るかも・・・、この考えが頭をもたげてきます。

だから、「いる」「いらない」ではなくて、この服が不要かどうか考えたときに、自分に対する質問を変えて、これらの服の中で、一番着る可能性がないのはどれか?一番不要な服はどれか?

と、すると、以前よりは選びやすくなったのではないでしょうか。


有加が、物を減らそうと思って掃除をするときには、

1. 1割の物を捨てる。(処分)

2. 必ず1つは捨てる。(たったの1つでもOKなのです。)

こう考えて取り組みます。なかなか難しいですが。


例えば、衣類のかたまりのあるところへ行って、この中で一番いらないものは何かな?と考えて、必ず1枚は抜き出す。

そうすると、掃除をするたびにドンドンと物が減っていきます。

そして、前回は「不要ではなく必要」だと判断したものも、次の掃除のときには「不要」と判断することもあるでしょう?

「不要」と判断したものは、すぐに家から出しましょう。

そうしないと、いつか着るかも・・・、という考えが頭をもたげてきます。


処分(断捨離)しすぎて、本当に着るものがなくなったら(そんなことはないでしょうけど)その時に、一番自分に似合うものを、よく考えて1枚だけ買えばいいんですよね。

きっと今は、服は有り余るほどあるけど、着て行く服がないという状態におちいっているのではありませんか?

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル