ホーム食品 ≫ 食品の保存食と災害と

食品の保存食と災害と


こんにちは、いつもありがとうございます。有加です。

今日は食品の断捨離をします。

昨日は3.11の日でしたね。
あの災害の悪夢のような記憶がよみがえります。みな様の幸せをお祈り致します。

★ランキングに参加中。
応援クリック、よろしくお願いします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村


日付も古くなっているし、ゆであずきの缶詰を4缶処分です。それに糖質制限食をしている有加は食べられません。

2015_3_12_syokuhin11.jpg

DHCのバランス栄養食品のヘルシーピースです。

2015_3_12_syokuhin61.jpg

三種類あります。40箱ちかくある。賞味期限はとっくに切れている。

2015_3_12_syokuhin51.jpg

捨てるように袋に入れてから、写真撮ってないのに気づいた。ばらす前に撮れば良かったです。

2015_3_12_syokuhin21.jpg

2015_3_12_syokuhin31.jpg

この茶色のは、まだプラスチックと食品に分別しないといけません。断捨離するのも大変です。

2015_3_12_syokuhin41.jpg

これで食品とプラスチックと雑紙の三種類のゴミに別々に分けて出さないといけません。

ゆであずきの缶詰は、中身は生ごみ、缶は資源ごみに出します。

2L(2リットル)の水も1ケース(6本)捨てました。これはもうプラスチックの容器がカビっぽくなっていました。

狭い隅っこに押し込んでいたから、湿気があったのか、カビがつくんですね。

まだまだ本箱の横にも4ケース(6本入り)押し込んでいます。洋服ダンスの横にも2ケース。

これらは4~5年はとっておこうと思います。まだまだ断捨離はできません。飲めなくても、災害時には洗い物に使えるから。

何は無くとも、水だけは確保しておく。しばらくは生きられる。運がよければ、そのあとはどうにかなるだろう。同時多発的に災害が起きても。

日本全国いつどこで大地震が起きてもおかしくない時期にきているので。

有加は、毎年3月11日は、保存食の日付を見直す日にしよう。

食品はまだまだ断捨離したいけど、また後日に。
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離と仮想通貨・投資で楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル