ホーム有加 ≫ 有加の片づけや断捨離の方法と考察、できないものは出来ないのです

有加の片づけや断捨離の方法と考察、できないものは出来ないのです


2015_6_22_ajisai2.png

今、断捨離で勢いがある人に、やましたひでこさんやこんまり近藤麻理恵)さんがいますね。

断捨離のブログなんか見ていると、1日15分の片づけを毎日しましょうってあります。

皆さん、本当に毎日できているのでしょうか?

こちらにも、おもしろい記事がたくさんあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ

■ その他の断捨離のやり方はこちら。 ⇒ 断捨離実践の効果的な方法やコツ


有加は、できていないと思っています。

これ出来る人は、すごい能力だと思いますよ。

1日15分って短いので、出来るって勘違いするんですね。

どんなに短時間でも、毎日続けるって、ものすごい能力ですよ。


だから、できないから、本にもなり、信奉者が増える。

商業的にはいいですよね。これを仕事にすることができますから。

仕事に出来るってことは、出来る人が少ないからです。


3日ぼうずの有加は、できていません。

有加の座右の銘は、小学6年生からある時まで(ついこの前まで)、「継続は力なり」でした。

できないからこそ、少しでも近づくために努力する、肝に銘じるための座右の銘だったのです。


皆んな性格が違うから、何かの型に押し込めようとしても、ダメなんですよ。

ましてや、外からの圧力があるわけでもなくて、自発的にやっている断捨離ですから。


今、有加のやっている方法は、

1. 目障りなある一画を片づけます。断捨離の捨をするために。

2. 後は、全然違うときに、あっ、あれ捨てようって、閃いた物を捨てます。

また時間のある日(意識的に作ります)に 1 の繰り返しです。


断捨離にコミットしていれば、いつもアンテナを立てていれば、ひらめきます。第六感ともいいますよね。(降ってくるともいう)

六感とか言うと、スピリチュアルかって思われるかもしれません。


が、こんまり(近藤麻理恵)さんが言っている、服をなでて、服に手からエネルギーを入れるっていうお話は、立派なスピですよ。

出る人は、本当に手からエネルギーが出ますから。(怪しいことでも、何でもありません。)
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル