ホーム糖尿病体験談(日記) ≫ 糖尿病で検査指導入院をします

糖尿病で検査指導入院をします


いつもありがとうございます。有加です

通院3回目のときにHbA1cが6.2で正常値になったので、ここから下がると指導入院はできなくなるのではと思い、

先生に聞いたら、2日後からいつでも入院できるよってことだったので、1ヶ月後検査指導入院することにしました。3週間です。(長い)

★断捨離ランキングに参加中。
病気も断捨離します。
応援クリック、よろしくお願いします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村


入院担当の看護師に、入院に必要な物や、注意事項を聞いて帰りました。いろいろな物をそろえなければいけないし、大変です。

そして入院の当日、脱走防止のリストバンドを付けられました。(笑)本当は患者を間違えないため。

いやぁ~、いるんですね、給食以外は食べてはいけないと言われても、脱走して食べちゃう人が。

当人に聞いた話だと、食べるなと言われても、おなかがすいてがまんできなくて食べちゃうので、

看護師に外からカギをかけられて、必要なときはナースコールをして開けてもらっていたって。うそのような本当の話。

私達の部屋(4人部屋)でも、こんなんじゃ力が出なくて働けないよ。って言ってる人がいた。

退院したら給食と同じカロリーで食事を作らなくてはいけない。

有加は1日、1440kcalだった。その人も1440kcalだった。1280kcalという人もいた。

絶対続かないって、こんなカロリー制限食。(自分で作るの大変よ)

有加は専門だったからいいけど、ふつうの人どうするのよ。

糖質の量が違うと、インスリンの注射の量(単位)が違ってくるよ。素人がカロリーと糖質の量を合わせるのは大変よ。

看護師も出戻ってくる患者さん多いって言ってた。入院している間にインスリンの量を決め直すのね。
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離と仮想通貨・投資で楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル