ホームセブンイレブン ≫ セブンイレブンのスラーピー、シャーベット状の炭酸飲料を飲んでみたよ

セブンイレブンのスラーピー、シャーベット状の炭酸飲料を飲んでみたよ


2015_7_28_hana1.png

セブンイレブンスラーピーを飲んでみたよ。

今日、セブンイレブンで、幻のドリンク、スラーピーを発見!

こちらにも、おもしろい記事がたくさんあります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ

■ 前回のセブンイレブンのコンビニスイーツはこちら。 ⇒ ブルーベリードーナツとレモンドーナツを食べました。セブンイレブンのドーナツの新商品です。

スラーピーとは、シャーベット状の炭酸飲料のことです。

海外のセブンイレブンでは、定番の商品なんだそうですが、多分、聞いたことがない人がほとんどなのでは?

日本では、全国で140店舗くらいしか取り扱っていない、激レアな、幻のドリンクなのです。


偶然、販売している店舗に行き当たったので、買ってみました。

味は、レモン、グレープ、メロンソーダ、コカコーラの4種類です。

残念ながら、メロンソーダは、ただ今冷却中のため販売不可、とのことでした。

メロンソーダが一番おいしそうだったのになあ。


スラーピー
3種類の「スラーピー」です。


しかたがないので、他の3種類を買ってみました。

S:100円、M:120円、L:150円・・・のはずなのですが、Sサイズがなかったので、Mサイズを。


シャーベット状の炭酸飲料
コカコーラのスラーピー。色でコーヒーかと思っちゃいました。(笑)


セブンイレブン
グレープのスラーピー。実際は、もっときれいなワイン色です。


コンビニスイーツ
レモンのスラーピー。


セルフサービスです。

レジで会計をすると、専用のカップをくれるので、自分で入れます。

レバーをひねると、その間だけ、シャーベットがブシュー!っと出てきます。

コーヒーのように、一定量出てきたら自動で止まるわけではないので、入れ放題です。

といっても、カップの大きさがあるので、最大量は決まってしまいますが。

頑張って、すり切りいっぱいいっぱいまで入れてみました。

実は、後から知ったのですが、スラーピーの容器には、てっぺんにストロー用の穴のあいたドーム状の蓋が付いているため、蓋をしてからスラーピーを注ぐと、蓋の中まで山盛りで入れることができるという裏技があるのだとか。

・・・惜しいことをした。


ちなみに、日本では、「レモン味のMサイズ」などと指定して購入しますが、海外では、1つの味しか入れてはいけないという制約はなく、複数の味を混ぜるのがトレンドだそうです。

基本的にセルフなので、何でもできるんですね。


スラーピーは、マクドナルドのシェイクのようなものですが、この陽気なので、恐ろしく急速に解けました。

シャーベット感を味わう余裕もなく、普通の冷えた炭酸飲料じゃん、という状態に。

見た目の色は派手派手しいですが、味はグレープが一番マイルドで飲みやすく、レモンは炭酸が強くて刺激的な感じでした。

容器はもちろんですが、ストロースプーンもスラーピー専用です。


幻のドリンク
スラーピー専用のストロースプーンです。


ところで、スラーピーって、昔、セブンイレブンで普通に売ってませんでしたか?

本当に大昔ですよ。30年以上前の話。

スラーピーという名前だったかどうかまでは、記憶にありませんが、レジ奥に「そういう」機材が置いてありました。

常にかき混ぜておかないと、あのシャーベット状態が保てないので、機材の中で、バーがぐるんぐるん回っているわけですが、その頃の機材はバカでっかくて、コインランドリーのようでした。

そんなだから、当然、1個しか置けなくて、味は1種類のみ。

たまに、期間限定で違う味が売られていたりしてね。


当時は、まだ、マクドナルドでシェイクなんて売ってなかった気がします。

普通のアイスクリームだって、そんなに種類はなかった時代です。

そんな時に、シャーベットって、相当斬新だったんじゃないかな。

あの頃から、セブンイレブンは凄かったんですね。
関連記事
・無料でセレブ旅行に行く方法

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル