ホーム60代女性の徒然シニア日記 ≫ Airbnbで不動産投資を考えるとき~参入時の3つの問題点について

Airbnbで不動産投資を考えるとき~参入時の3つの問題点について


2015_9_02_hana2.png

Airbnbについて、有加もこういうものがあるということは知っていました。

Airbnbはここ最近、ブームになりそうな勢いで、認知度が上がってきていますね。

知人が自分もやるからって、Airbnbを利用した不動産投資をすっごく勧めてくるのよね。

あやふやなところもあったので、ググって、Google先生に聞いてみました。

こちらのランキングには、おもしろい記事がたくさん。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ

・Airbnbは、
エアービーアンドビー
エアービーエンビー
と読むようですね。


ウィキペディアから引用

Airbnb (エアビーアンドビー、エアビーエンビー)は、宿泊施設を貸し出す人向けのウェブサイトである。192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立され、サンフランシスコに本社を置き、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。

このサイトの利用者は利用に際して登録して、本人のオンラインプロファイルを作成する必要がある。すべての物件はホストと関連付けられており、ホストのプロファイルには他利用者からのお勧め、泊まったことのあるゲストからのレビュー、また、レスポンス・レーティングやプライベートなメッセージングシステムも含んでいる。



引用ここまで。


そこで少し考えてみました。

一般的には、おもしろそうなサービスに見えるけれど、部屋を貸す(提供する)方からみても、結構よいビジネスチャンスのようです。

不動産投資を考えている人は、Airbndも考えていると。

利用対象者は、日本に来る海外の利用者です。

観光都市にある不動産物件だと、特に有利ですよね。特に、京都、奈良、東京など。

スマホにAirbnbのアプリを入れて検索すると、その市の部屋の提供数とか、部屋の詳細や今の予約状況を見ることができます。

どこのエリアなら、どれくらいの予約がされるのか、どのような部屋をどんな値段で貸し出しているのか、ひと目で分かるようになっています。


でも、いろいろな問題点もあるようです。

Airbnb参入時の3つの問題点

1. 貸す部屋(物件)をみつけることができるか。

2. 英語対応はどうするか。

3. 鍵の管理と清掃



3つの問題点のまえに、もっと大きな問題があります。

そもそも、「旅館業法」に抵触するおそれがあるということです。

現状では、限りなくグレーだということです。

やるとしたら、自己責任でどうぞってことですよね。


Airbnbのサービスを利用して、旅行者を紹介してもらった場合、問題になるのはホスト(部屋の提供者)です。

罰せられるときは、ホストですね。民泊ビジネスの大半が無許可だそうです。



■ Airbnb参入時の問題点1について

又貸しする物件をみつけることができるか。

これは不動産屋に行って相談するですね。不動産屋で又貸し可能な物件を探し出してもらう。あるいは、大家さんに直接交渉してもらう。

部屋探しも、不特定多数の外国人が常時出入りするので、なかなか難しいかもしれませんね。住民とのトラブルの発生や事件の可能性も考えないといけません。


■ Airbnb参入時の問題点2について

外国人相手ですから、英語対応はどうするか。

予約後の対応。

現地での鍵の受け渡しじの対応。

部屋に置いておく英語の設備の説明書など。

これらは、英語ができなければ、外注に頼ることになりますね。


■ Airbnb参入時の問題点3について

部屋の鍵の管理と清掃は、今は、ホスト向けのサービスを代行するベンチャー企業があるので、そこにお願いします。

部屋の清掃、カギの受け渡しなどは、民泊ビジネスの売上の中から手数料として、業者に支払います。


*********************

Airbnd 代行で、HOST+(ホストプラス)という業者があるようです。

鍵の受け渡しや管理、マニュアルなど作成してくれるようですよ。

人気すぎて、今は募集中止のようです。

が、

儲かるとなると、雨後の筍のように同じようなサービスがどんどん出てくるでしょう。


現在は、全国的に空き家が増えてきているので、立地条件が合えば、面白いビジネスになりそうですね。

2020年の東京五輪(オリンピック)に向けて良い法律の整備がなされることを願っています。

ホストにとっての良い法整備ですよ。

ゲストトラブルが無いことが一番です。


Airbnbの日本法人も出来たことだし、使い方を間違わなければOKかなと。

でも、有加は、この投資話は遠慮しとく。トラブルに巻き込まれたくはない。
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル