ホーム60代女性の徒然シニア日記 ≫ わーい猫だー、散歩日和だー

わーい猫だー、散歩日和だー


散歩日和

今日はとってもよい天気。

空はどうして青いの~~って歌い出してしまいそうな感じ。

でも鼻歌を歌いながら歩くにはちと寒いかなー。でも、出かけちゃう。

応援クリック、よろしくお願いします。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村


2015_3_19_hana.jpg

猫の広場まで散歩に出かけました。猫は3匹いましたよ。

多いときは、あっちこっち見わたすと8匹くらいいます。

雑草の上にいたり、ベンチの上やベンチの下にいたり。

ボスらしき猫は滑り台の上にいて、そばに2匹の猫がお供にいたりします。

猫の色合いは白黒とか茶トラ、白に少しのブチ、三毛猫もいます。白黒のツートンカラーが一番多い。

半ノラのような感じ。地域猫っていうのかな。首輪が付いている猫もいるので、飼い猫もいます。

白黒のネコがやけに人なつっこくて、ニャーと呼ぶと近づいてきて、足にすりよってくる。

さすがに、離れろ離れろと言って、少し追っ払うんだけど。ノミとか付くといやだから。

ネコは大好きだから、いつまで見てても見飽きない。

有加は、歩かなければ、そんなに足も痛くならないので、猫の広場で疲れたら帰るって感じ。


昔、実家にいた時はネコを飼っていた。

学校から帰る時間になると門の所で待っていてくれる。足音で出てくるみたい。

耳が良いのか、遠くの角を曲がって家まで一本道になると出てくるみたい。

その途中にお店があって、時々、ネコのえさ(人間の食べるお菓子)を買って帰るんだけど、
そうすると、ネコが出てから、私が帰るまでの時間が遅くなるので、母に今日はおそかったね、とか言われる。

いつもと同じ電車よって言うと、ネコが出てから随分と時間がたってると言われた。

お店で自分と猫のお菓子を買ってたんだよって言って、猫と母と有加で、そのお菓子をよく食べていました。(人間用のお菓子)

そんなことを思い出しました。


ずーっとメス猫を飼っていたんだけど、最後の猫はオスネコだったので、5年くらいしたら、ボス争いに負けて、家を出て行ってしまいました。

あとから思うと、その猫が、ずーっと家にいたら、私も家を出る勇気が出なかったと思う。

昔は小さいころからずーっと、精神的に家に縛られていた。(自分で勝手にそう思っていたんだけど)

そのオス猫が解き放ってくれたのかもしれない。もう、時期が来たよ、自由になっていいよって。

そして、一人で生活してみて、それは、それは、不便で、不自由でした。

大勢の中で生活していた私は、一人の不自由さを知らなかった。

人は一人では生きていけない。と、痛切に実感したのでした。
関連記事
・無料でセレブ旅行に行く方法

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル