ホームキッチン用品 ≫ キッチンの断捨離と片付けのビフォー・アフターの写真

キッチンの断捨離と片付けのビフォー・アフターの写真


2015_10_11_hana1.png

キッチンの流しの下の収納場所は、もう10年以上は、そのままでほったらかしだ。

詰め込んだままで、ほとんど出し入れがない。

使うのは手前にある磨き粉のジフくらいのものだ。

それも、今はほとんど使っていない。

手前にあるウーロン茶なんか、今見たら、未開封だけど2006年3月が賞味期限となっていた。

この巣窟を断捨離します。片付けます。

こちらのランキングには、おもしろい記事がたくさん。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ


断捨離前の、台所の流しの下です。

キッチン
奥までびっしり。幅27cm×高さ70cm×奥行き52cmの場所です。



ここの場所の物を、ぜーんぶ、取り出しました。

ビフォー・アフター
キッチンの流しの下の3分の1ヶ所分。一番左側です。全出しで、からっぽにしました。



出したものたちです。

片付け
ステンレス製のボールにステンレスのザル。パイレックスの耐熱ガラス製品。


断捨離
天井の蛍光灯の光が写っていますね。鍋に重ねると蒸し器として使用できます。あとは別の鍋の蓋。なべは焦がして捨てた。


やかん
ステンレスのヤカン2個。麦茶を作るのと、薬草を煎じるのに使用してた。今は使用していない。蓋に1、2と番号をふって区別していた。


フライ返し
ダブっていたり、使わなくなった調理用具。


タッパー
調理道具を立てて入れていたもの2個と、入れ物とスライサーかな。


包丁研ぎ
包丁研ぎ。2個もある。完全にあるのを忘れて衝動買いだ。今は、食器の裏の「いとじきり」で研いでいる、簡単なので。


台所洗剤
ご多分にもれず、空き容器。大高酵素の計量カップ6個など。


医薬品
「本みりん」と「烏龍茶」。枇杷の実の焼酎漬けを少しもらったけど、アルコールなので飲めない。

「強力わかもと(胃腸薬)」、使用期限2003年3月。存在すら忘れていた。ほとんど飲んでいない。

消毒液と磨き粉(洗剤)。唯一使っていた「ジフ」。磁石2個。



以上の物が入っていました。(押し込まれていた)


この中から、まだ取っておくものがこれら。

ステンレス製品
すてんれすのボール1個とザル3個。



まだ取っておくものの全て
片付け
ボールとザルも入れて一緒に写真を撮りました。今回は、取っておくのは、これで全部。



次は、捨てるもの。

処分1
みりん
しゃもじ、味噌こし、泡立て器、包丁研ぎも1個は捨てる。その他のものも、もういらない。


処分2
蒸し器
2リットルの「やかん」は、「土瓶(どびん)」を購入したので、1個断捨離。



取り置き分を元の場所に戻しました。

画像
写真では、よく分かりませんが、スカスカです。



では、ビフォー・アフターの写真を。

ビフォー
ビフォー

  ↓

  ↓

  ↓

アフター
アフター


■ キッチンのシンク下、真ん中の扉の断捨離はこちら。 ⇒ キッチンのシンク下を断捨離と片付けで、ビフォー・アフターの写真




有加は、1998年から2012まで、リウマチを患っていました。寝たり起きたりで、ほとんど何もできません。もちろんお料理もね。(包丁も持てなかったので)

この間に、汚部屋になってしまいました。物が溜まりに溜まりました。

全身が痛いので、力も入りません。もちろん掃除機なんてかけられません。

ゴミ(汚れ)で死ぬことはないと、あきらめていました。

リウマチが完治した今こそ、汚部屋からの汚名返上です。(脱出しますよ)

断捨離頑張るぞー!

応援してね。
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル