ホーム買ったもの ≫ 25年ものの台所の蛍光灯を取り替えたいが、LEDにするか悩みどころだ。

25年ものの台所の蛍光灯を取り替えたいが、LEDにするか悩みどころだ。


2015_11_22_hana1.png

今回は器具の取り替えです。

25年もたってきたら、家の中もあちこちガタ(不都合な部分)が出てきました。

台所(キッチン)の蛍光灯の器具がひび割れてきました。

ビニールテープを貼ってごまかしていたんだけど、もう限界です。

これはもう、粗大ゴミですね。ビフォー・アフターの写真も撮りましたよ。

こちらのランキングには、おもしろい記事がたくさん。のぞいてみてね。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ

取り替えることにしました。


ビフォー・アフターのビフォーの写真です。
蛍光灯の器具
カバーは外しています。


ビフォー・アフター
蛍光管を差し込むところに、ひびが入りました。緑色のテープを貼っているところに。

ひびが入ったせいで、蛍光管のとめがゆるくなって、管が落ちてきそうな予感。


で、

何に取り替えるかですよね。


LED照明器具にする?


以前、物を詰め込んでいる倉庫部屋に、実験的にLED照明器具を取り付けたんだけど、

■ パナソニックのLED照明器具を取り付けたのはこちら。 ⇒ パナソニックのLED照明器具をお試しで取り付けてみたよ

LEDの保証期間
LEDの写真。(写真は使い回し)


その時の説明では、LEDは10年もつと言われました。

それなら保証も10年付ければいいのにね。

保証期間は5年でした。

ということは、5年から10年の間は、いつ壊れるか分からないということですよね。


LEDは、蛍光灯のように蛍光管をちょこちょこ取り替えなくてもよい代わりに、だめになったら器具ごと総とっかえなのです。

それに10年しかもたないというのも、ちょっとひっかかるし。


いま取り付けている蛍光灯は、25年ちょっと大丈夫だったのに。

LEDは、10年で寿命がくるように作ってあるのかしらん?

あまり長持ちすると、物が売れないからかしら?


新しもの好きの主人を説得して、また蛍光灯にすることにしました。


でも、時代はLEDなのか?蛍光灯は種類を選べない。作っていない。

大手はのきなみ撤退したみたいで、分厚いカタログの中に、希望のものは1件しかありませんでした。


いつも家に来てくれている電気屋さんです。

御用聞きに来た時に、蛍光灯がって言ったら、すぐに車の中から、分厚いカタログをもってきてくれました。

私も、普通だったら、1件しかなければ、うんだらすんだら言って、すぐには決めないけど。

量販店のビックカメラへ下見に行って、選べる状態ではないということが分かっていました。

なので、その場ですぐに決めて、数日後に蛍光灯を取り付けてもらいました。


取り付けたビフォー・アフターのアフターの写真。
アフター
25年ものの台所の蛍光灯の器具を、新しいものに取り替え。20ワット(w)を4本にしました。80wです。



取り付けの工事をしてもらうと、今は、古い器具の引き取りも料金がかかるので、粗大ゴミに出すことにしました。


処分したものの画像。
ビフォーアフター
粗大ごみに出したケーコートー。


先日お願いした粗大ゴミのポイントが、まだ残っているので、ここに突っ込みます。

粗大ゴミは、1000円分お願いしていたので、この蛍光灯の器具を入れて、ちょうど1000円になりました。
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル