ホーム服(衣類) ≫ 椎間板ヘルニアになって動けない、敷布団を断捨離

椎間板ヘルニアになって動けない、敷布団を断捨離


敷布団の断捨離をします。

この敷布団は40年も前に作ったものだけど、一度も使用することはありませんでした。

それどころか、作ったとたんに布団の上では寝ることができなくなったのです。

応援クリックお願いします。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


2015_3_24_sikibuton.jpg
処分した敷布団


なぜって、

それは、椎間板ヘルニアになったからです。

なったときは、泣くに泣けないようなささいなことなんです。

産後に病院から帰って来て、布団の上でちょっと運動をしようと足の親指を動かしたとたん、激痛が走りました。

これが椎間板ヘルニアだと気づいて、整形外科にたどり着くまでには随分とかかるのですが。


とにかく、腰が痛くてがまんできません。布団の上だと凹凸があるので痛いのです。

畳の上にねました。時は夏、不幸中の幸いです。畳の上でも寒くなかったんです。それでもタオルケットを敷いて寝ることができました。

上掛けは、軽い肌掛布団でも、その重さで体が痛いので、大きめのバスタオルをかけて寝ていました。

そんなこんなで、敷布団は使えなくなりました。下に敷いていたマットレスもすぐに捨てました。

有加の様子を見ていて、主人も体によくないと思ったのか、俺も捨てるといって、有加のと一緒にマットレスをゴミ置き場まで捨てに行きました。

あの頃は、粗大ゴミも普通のゴミと一緒に出せて、無料で持っていってくれていました。


そして、この後、七転八倒の有加の生活が始まるのですが、それはまた、後日。

続きは後日に。
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル