ホームセブンイレブン ≫ 桜の花香るさくらもちを食べました。セブンイレブンから新発売です

桜の花香るさくらもちを食べました。セブンイレブンから新発売です


2016_02_01_hana1.png

桜の花香るさくらもちを食べてみました。

セブンイレブンのスイーツです。

桜の花香るさくらもち(税込130円)也ね。

春になると、桜のお菓子が色々と発売されますが、もう、そんな季節なんですね。
まだ、ちょっと早いような気もしますが。季節は先取りでしたね。
1月19日発売ですね。


桜餅というと、通常は、表面に桜の葉が巻いてあるものですが、これはむき出しですね。
代わりに、というか、桜の花がのっています。


さらに、桜餅は、実は、関東と関西では、見た目が全く異なります。
関東の桜餅は、平たくのばしたお餅にあんこを包んで、クルクル巻いた、クレープのような形をしています。

↓いろいろなブログが楽しめます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ


こちらの「桜の花香るさくらもち」のように、つぶつぶのもち米の中にあんこが入っている、おはぎの逆バージョンのような形状は、関西版の桜餅です。
「道明寺」と呼ばれることも多いです。


「桜の花香るさくらもち」は、関東限定販売です。
関西版の桜餅なのに?!


道明寺
一番左側が道明寺です。見本に買ってきました。一番右側は、関東のさくら餅です。
真ん中がセブンイレブンの「桜の花香るさくらもち」です。


さくらの葉
いつものように横から撮ってみました。



「桜の花香るさくらもち」は、桜の花がのっていて、かわいいです。
お餅は勿論、ピンク色。
そこは、普通の桜餅と同じですね。
桜の葉っぱを巻いてしまうと、お餅のピンク色が隠れて、かわいさが目立たなくなってしまうので、葉っぱは、あえて使わなかったのかな、と推測してみます。
桜の花は塩漬けです。


中のあんこはこしあんです。
なめらかで口当たりがいいです。


・・・なのですが、外からうっすらと、黒っぽいあんこが透けて見えるんですね。
この状態は、見ようによっては、食品としてよろしくないものが発生しているように・・・いえ、何でもないです。

※あくまで、そのように「見える」だけです。有加には。
実際の品質には全く問題はありません。念のため。


そして、洋酒が入っているそうです。
うん、言われてみれば、そんな味がしたような・・・。
和菓子に洋酒ですか。
やっぱり、普通の桜餅とは違いますね。



桜の花香るさくらもち
セブンイレブンの「桜の花香るさくらもち」です。


桜の花香る
「桜の花香るさくらもち」を袋から出して撮ってみました。


さくらもち
さくら餅を横から撮ってみました。


セブンイレブン
切ろうと思いましたが、なかなか切れません。さすがお餅です。



見た目もかわいく、大変お上品なお菓子でございました。
つまり、ちっちゃいってことです。

まあ、桜餅って、そんなにデカいもんじゃありませんけどね。
大抵はセット売りなので、1個だけ出されると、小ささが際立ちます。



セブンイレブンの「桜の花香るさくらもち」は、カロリー138kcal、炭水化物31.5g、タンパク質2.8g、脂質0.1gです。

糖質量は全然お上品じゃなかったとさー。
関連記事
・無料でセレブ旅行に行く方法

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル