ホーム断捨離(捨てたもの) ≫ 服の断捨離がなかなかできない。男のほうが決断が早いのかな?写真付き

服の断捨離がなかなかできない。男のほうが決断が早いのかな?写真付き


2016_02_02_hana1.png

断捨離がなかなか進まないのですが、主人が少し処分するものを出してくれました。

服の断捨離はである主人の方が、よほど進んでいます。

有加は、なかなか服が捨てられないのに、主人の尻ばかりたたいている感じです。

そうこうしている間に、主人に先を越されてしまったようです。男って学習能力高いですね。

下の方に写真があります。

↓いろいろなブログが楽しめます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ


有加は、糖質制限食をしているので(糖尿病になったので)、15Kgも痩せました。
だから、大きい服はたくさん捨てたんだけど、そこから先がなかなか進みません。


元の体重に戻るまでには、まだ何Kgもあります。で、あっという間に肥ったので、その間の洋服が取ってあります。
なぜって、痩せていくときに、その間の服を買いたくないから。
適正体重(元の体重)になってから、服は購入したいと思っています。



糖質制限食をしていると言いながら、スイーツの記事を書いているので、ばっかじゃないのって思われてるかもしれませんね。
でも、しっかり糖質のグラム数を計算して、食事もおやつのスイーツも食べています。
スイーツも丸々1個を食べているわけではありません。お味見程度です。でも、これがストレスの解消になっているんです。


糖質制限食をしっかりとしているので、その結果、糖尿病の血糖値もコントロールできています。
空腹時血糖値は、いつも80くらいですし、HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)は5.2です。数値だけを見れば、正常人と変わりはありません。
薬の使用もなしです。



糖質制限食も、色々と言われていますが(悪い方に)、有加は、糖質制限食に救われました。
高糖質のカロリー制限食だったら、有加は、人工透析や足切断になっていたと思います。


大病院に入院して指導を受けましたが、その通りにしていると、少しずつHbA1cが高くなっていくのです。
医者は、それはしかたがないよね、だからそれを少しでも遅くするために、厳しく食事制限(カロリー制限)してねっていう感じでした。
人工透析、失明、足切断などを待っている感じですよ。
医者には、糖尿病になったので仕方ないでしょって言われましたよ。



そこから色々と探しまわりました。
そして行き着いたのが糖質制限食でした。
アメリカでは、糖尿病の治療は糖質制限食が主流です。
日本も早くアメリカ方式になると良いですね。

たしか名称は違いますが、日本も戦前は糖質を制限した治療法だったと思いますが。

でも、実施される方は、自己責任でお願い致します。


有加は、自分自身が実験体のつもりでやっています。今は、自分の体は自分で守らないと、ズタボロになってしまいます。
だれも責任は取ってくれません。



それでは、断捨離で今回捨てたものです。

背広上下
男物のズボン2本と背広の上2枚。
計4枚です。


断捨離
自分の服も頑張って断捨離しました。
羽織るブラウスとヒートテックのタートルネックのもの2枚。
パンツ1本。
計4枚です。


今回の服の断捨離は、男物が4枚と女物が4枚の合計8枚です。

スポンサードリンク

コメント

おはようございます。

お体大切にして下さい。
一言伝えたくてコメント書きました。
可愛らしいブログですね。

ランナー200 | 2016.02.03 07:17 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル