ホーム本・DVD・CD ≫ 本を断捨離する方法。ただ粛々と捨てるのみ

本を断捨離する方法。ただ粛々と捨てるのみ


本

今回は断捨離です。

何か良い方法はありますか?
お金に変えようとすると(買い取り)、なかなか断捨離できないので、ただ捨てるのみです。コツなんてありません。

有加は、なかなか本が捨てられず困りもんです。

いろいろダンボール箱を開けて見ていたら、箱の隙間に本が突っ込んでありました。
ダンボール箱のすきまに突っ込む本って、クッション材のようなもんです。
すきまが開いているので、何か入れておかないと、箱の中身が片寄ってしまうからです。

↓いろいろなブログが楽しめます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ


だから、どのダンボール箱にも、たいてい本が入っています。(有加のダンボール箱に限っては)
以前は、本を捨てるという発想はありませんでしたから。



捨てる方法
今でも英語、勉強したいです。誰か良い勉強方法教えてもらえませんか。

好きな色と似合う色は違うんだと、勉強したこともありました。でもやっぱり好きな色を買うよ。色のエネルギーが、体に及ぼす影響は多大なので。

中性脂肪も気になって(昔の主人のリンゴ腹)、本を見ていました。有加は中性脂肪は低いです。

洋服もチョコチョコっと自分で作っていました。パッチワークの手芸などもやっってみたり。趣味でしたから。

昔は今と違って、田舎に転勤になると、女性は職もないし、することがありません。

今のようにネットもないから、新聞読んで、月刊誌読んで、もう読むものが無いって、活字に飢えていました。だから、本を捨てるなんてとんでもないことでした。



捨てるコツ
糖尿病になる前は、お弁当の本をよく見ていたし、本も購入していました。

お弁当作るの下手だと思っていましたから。でも、作る時には6人分くらいドサッと作るんですよ。

主人が休日出勤するときに、近所のお店が休みなので、部下の分までもね作るんですよ。簡単なものをね。

今のようにコンビニもほとんどないし、仕出しも無かったころのお話です。


今は、糖質制限ダイエットをしていますから、お米のような炭水化物は、極力摂取しません。

だから、おべんとうの本は必要ありません。


Windows XPの本。有加が、買って安心する種類の代表的な本ですね。(パソコン関連の本)

パソコン関連の本は、何冊も買っていますが、本の中身を見たことはありません。いつでも見れるという、安心料ですね。

有加は、パソコンに何かあってもわかりませんから。


左側にあるのは、カタログの束ですね。カタログも貴重な情報源ですからね。




これらの本を捨てます。
スッキリ、サッパリ、です。
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル