ホーム和裁・洋裁・編み物・他 ≫ 断捨離ができないのはなぜ?趣味の編み物関連のものを捨てる

断捨離ができないのはなぜ?趣味の編み物関連のものを捨てる


断捨離できないのはなぜ?

今回は、趣味編み物関連の断捨離です。

断捨離の写真画像は後半にあります。


【断捨離について】

時間ができたら、片付け(断捨離)をしよう。

そんな願望は、なかなか叶いません。

自分の中に、いつまでという期限のないものは、仕事として自分自身が認識していないのですから。

だから、断捨離をやるべき仕事のリスト(TODOリスト)に入れたら、いつまでにやるのか期限も一緒に設定しなければ、だめなのです。


有加は毎回、この罠にはまり込んでいます。


↓いろいろなブログが楽しめます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ


今日こそ、断捨離するぞって思っていても、ズルズルと後へあとへとなってしまい、気が付いたら夕方。なぁ~んてことが、たびたびです。(いつまでに終わらすと決めていないから)

夕方なんて、有加は、もうすっかり疲れきっていて、断捨離なんてできません。

夕飯の支度をしなければいけない時間になっています。明日こそはって思っても、こんな状態が1週間も続くこともあります。


物を捨てようと思っていても、なかなか出来ないのです。

好きで捨てているわけではないので、痛みが伴いますからね。

時間が通り過ぎていく(無くなる)なら、ちゃんと時間のやり繰りをして、時間を作るしかありません。


有加は、朝の家事が一段落したら、休まずに断捨離に取りかかるとか、昼食が終わったら、一番に捨てるものを見つけ出すとか、何かをトリガー(引き金)にして、そのあと、必ず断捨離に励むようにしておくと、断捨離も少しずつ進んできました。

分かっていても、なかなか出来ないのですが、何とか諦めずに、頑張って断捨離をしています。



前回捨てたものは、ずいぶん前ですが⇒ 趣味の編み物の毛糸を断捨離で処分する

今日捨てたものは、編み物の毛糸と本と道具(用具)です。

画像
編み物
毛糸玉20個捨てます。主人のSweater(セーター)とベスト(チョッキ)を編もうと思っていたものです。すでに、ゲージもとって、製図もしていました。

買って、直後にリウマチを発症したので、編めなくなりました。今だったら編めなくもないかなって思うのですが(リウマチはほとんど完治しているので)。

編まなくなって、もう十数年も経過したら、編み物への情熱がなくなりました。

毛糸の袋の前にあるのは、紙の手提げ袋に一緒に入っていたものです。

左から、輪針、ほつれ止めの安全ピンのお化け(巨大なもの)、棒針に付いて(ささって)いるのは棒針キャップ(ブルーとピンク)、棒針のセット(4本、ケースに入ったままです)。


断捨離
左側は、クロバーのなわあみ針のセットです。後の二つは、かぎ針です。捨て。


趣味
編物教科書。この本は、二十歳のときに、機械編みを習い始めたときのものです。機械編みの編み機は、手編みを始めたときに、すでに処分しています。


趣味の編み物
手編みの本2冊。青色の本は、編み物の問題集です。凝り性なので、何か始めると、資格を取得するところまでやります。手編みは直前で、リウマチのため試験(資格取得)を断念。

本当に直前に、急激に悪化して、ほとんど動けなくなって、編み物の本も、めくれませんでした。私の人生、ジ・エンドって思いましたよ。寝たきりになるって、医者に言われたし。

趣味もたいがいにせーよと(?)、守護霊に進んでる道が違うぞーーーって、後ろから思いっ切り蹴っ飛ばされた感じです。(しばらくしてから気付きました。浄化せねばねー。)


断捨離をいつまでに終わらすと決める
毛糸を巻く玉巻き器(糸巻き器)。かせくり器は、編み機を断捨離したときに、一緒に処分しました。

玉巻き器とかせくり器は、セットで使用しますが、玉巻き器だけでも重宝していましたが、じゃまになってきたので、もう捨てます。



編み物関連のものは、まだまだありますが、今回はこのくらいで。
関連記事
・無料でセレブ旅行に行く方法

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル