ホーム和裁・洋裁・編み物・他 ≫ 悲しいけど趣味の断捨離で帯を処分

悲しいけど趣味の断捨離で帯を処分


着物の帯の断捨離です。

着物は着ないと決めました。

でも、有加は着物を着て暮らすのが夢だったのです。

泣くに泣けず、あきらめたことは、また別に書きます。

着物も帯がなければ着られないので、着物と決別すべく、まず帯を1本断捨離です。

クリックして応援お願いします。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


2015_3_29_obi.jpg

名古屋帯を1本(枚?)捨てます。

帯布でトートバッグでも作ろうかなと思っていたのですが、作っても使いそうにないので、この名古屋帯は処分します。

燃えるゴミに出します。資源ごみの日まで待っていると、また引っ込めてしまいそうなので。


次は、おおきなアイロン台です。

和裁や編み物に使っていた特大のアイロン台も処分です。

サイズを測るのを忘れてしまったんだけど、だいたい60cm☓100cmくらいの大きなものです。

編み物のセーターなどを、形を整えてピンを打ってアイロンをかけます。

また、反物(布)を簡単に湯のしするときにも使っていました。特大のアイロン台です。

粗大ゴミに出しました。汚れないようにビニール袋をかけて出したんだけど、誰かが使ってくれたら嬉しい。(リサイクルされるようだから)

編み物の先生のお宅で見て、大きい方が便利そうだなーと思って、25年くらい前に買ったんだけど、数回しか使っていません。

大き過ぎて、出したりしまったりが大変だったのです。

趣味で使用していたものをジャンジャン断捨離してゆきます。

いったん外に出しちゃうと、迷いも吹っ切れて、意外にサッパリしたもんです。

2015_3_29_airondai.jpg

外に出してから、写真撮るの思い出して、慌てて撮りました。
関連記事
・無料でセレブ旅行に行く方法

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル