ホーム本・DVD・CD ≫ 今回は趣味の洋裁と和裁の本を断捨離します

今回は趣味の洋裁と和裁の本を断捨離します


2016_07_26_hana1.png

有加は、が、なかなか処分できません。

だって、本に埋もれて生活するのが、小さい時からの夢だったのですから。

だから、あきらかに、これはもう読まないだろうという本だけ、断捨離しています。

描いていた光景は、部屋の四面の壁に、本棚がズラーーーっと並び、部屋の中央にデスク(机)を置き、本を読んでいる有加の姿。

でも、こうなる前に、リウマチで長年寝込んでしまったので、他の物で、汚部屋になってしまいました。

趣味の洋裁和裁の本、画像に残して、おさらばです。


応援、ありがとう♪♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ


なかなか断捨離できない本たちの断捨離結果は ⇒ 本などの断捨離。


今回断捨離する本たちの写真です。

洋裁
文化服装学院通信教育部の本です。

別に、通信教育部を卒業したくて申し込んだわけではありません。
通信教育なら、キッチリと順序立てて、本が構成されていると思ったからです。

いろいろ本を買わなくても、知りたいことが、過不足なく収められているだろうと思って。

12冊断捨離です。



趣味
文化服装講座の婦人服編(1)、婦人服編(Ⅱ)、婦人服編(Ⅲ)です。
文化服装学院 文化女子大学・編です。

もう本格的な洋裁はしないだろうから、断捨離します。



和裁
和服裁縫(岩松マス著)青い本。
和服裁縫(藤田とら著)赤い本。

いつもなにかをしていたかった有加です。

以前、専修学校に通っていました。39歳から6年間。その時に、和裁の先生から譲り受けた本です。(青い本)ボロボロです。
思い入れがあって、なかなか捨てられなかったのですが、やっと捨てられました。

赤い方の本は、自分で購入したものです。

和装はしないと決めたので、和服を仕立てる本も捨てます。



ファッションスタイル
スタイル画の描き方。
文化ファッション講座(男子服)文化服装学院・編。

専修学校に行っていた時に、学校の売店でかいました。

スタイル画も、もう描かないので、処分しても後悔しないと思う。捨て。


今回は、19冊断捨離できました。
関連記事
・無料でセレブ旅行に行く方法

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル