ホーム糖尿病の症状や治療と予防の方法 ≫ 高血糖の糖尿病合併症ってどんなの

高血糖の糖尿病合併症ってどんなの


2015_4_3_tutuji2.png

糖尿病合併症には、急性合併症と慢性合併症とがあります。

ここでは、慢性合併症について記してみたいとおもいます。

慢性といっても、それはそれは怖いのです。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


糖尿病の慢性合併症は、長期間にわたって持続する高血糖や脂質異常などの代謝障害、高血圧などによって引き起こされます。

これは、全身の血管におきますが、細小血管症の網膜症、腎症、神経障害が3大合併症といわれています。

それから、大血管症の冠動脈疾患、脳血管障害、末梢動脈性疾患もあります。

これら糖尿病合併症を予防するには、糖尿病の早期発見早期治療につきます。

高血糖をほったらかしにしていると、後で泣くに泣けない情けない思いをするかもしれませんよ。

糖尿病合併症を防ぐには、血糖値のコントロールが至上命題です。


今回はここまでで、次回からは、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害について、記してみたいとおもいます。

血糖値を適正値に安定させて、失明や人工透析、足の切断にならないように気をつけましょう。


それでは、また次回。

つづく・・・
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル