ホーム糖尿病の症状や治療と予防の方法 ≫ 目の病気の糖尿病網膜症の症状

目の病気の糖尿病網膜症の症状


2015_4_6_tutuji2.png

糖尿病の三大合併症の1つに糖尿病網膜症があります。

糖尿病網膜症の症状は糖尿病の合併症として約40%にのぼります。

糖尿病になった後、数年から10年くらいで発症します。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

他の合併症は、こちらから読めます。

腎臓の合併症はこちら ⇒ 糖尿病腎症は腎臓の病気、高血圧の症状と高血糖に原因が

神経障害の合併症はこちら ⇒ 糖尿病神経障害で手足のしびれの症状や原因と治療


網膜症の症状は、単純網膜症から増殖前網膜症、増殖網膜症の順に進んでいきます。

初めは自覚症状がほとんどありませんが、症状が出るころには網膜症はかなり進んでいます。

糖尿病の症状があるのに数年間治療しないでいると、視野の中に小さな虫や黒いカーテンがかかったように見えたりします。

至急に眼科を受診して目の病気の治療をしないといけません。

毎年、この眼の病気(網膜症)で3000人以上が失明します。

糖尿病性網膜症は、厳格な血糖、脂質のコントロールができれば、発症を予防することが明らかになりました。(朗報ですね)

糖尿病の目の病気症状でそのほかの症状は、黄斑浮腫、白内障、緑内障、他があります。

糖尿病網膜症、あなどってはいけません。失明するかもしれませんよ。

前回の糖尿病の症状のお話はこちら ⇒ 高血糖の糖尿病合併症ってどんなの

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル