ホーム糖尿病の症状や治療と予防の方法 ≫ 糖尿病神経障害で手足のしびれの症状や原因と治療

糖尿病神経障害で手足のしびれの症状や原因と治療


2015_4_7_tutuji2.png

糖尿病神経障害では手足のしびれがあります。なぜ、神経性疼痛がおきるのか。

糖尿病の合併症の糖尿病神経障害は、高血糖が続くと神経に障害がおきます。

糖尿病性神経障害には、抹消神経障害と自律神経障害があります。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

他の合併症は、こちらから読めます。
 ↓
目の合併症はこちら ⇒ 目の病気の糖尿病網膜症の症状

腎症の合併症はこちら ⇒ 糖尿病腎症は腎臓の病気、高血圧の症状と高血糖に原因が


糖尿病の末梢神経障害は、症状の軽いうちは血糖値をコントロールできれば、症状が消えたり改善されます。

しかし、高血糖が続くと、足が痛くって眠れなかったり、足の痺れが出たりします。

また、感覚が麻痺してしまい足の痛みを感じなくなることもあります。

麻痺すると、【たこ】や【うおのめ】の手当がおくれて、足の潰瘍や壊死(えそ)まですすんだりするので、糖尿病はフットケアが大事です。

抹消神経は、手足を動かす指令を出していますし、痛み、冷たさを感じたりします。そして身体の隅々まではりめぐらされています。

高血糖が続くと、神経障害性疼痛がおきたり、手足のしびれがおきたりと、神経の痛みが発症します。


糖尿病の自律神経障害は、自分の意志とは関係なく動いている神経の障害です。

胃腸、排尿、血圧、などを調節しています。

心臓も自律神経で動いているので、心筋梗塞が起こっても自覚できないことがあるので、定期的な心電図の検査が必要です。

初期であれば、自律神経障害も血糖値のコントロールで症状は改善されます。

糖尿の症状のある人は、食事療法をして糖尿病の症状を改善していきましょう。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル