ホーム糖尿病の症状や治療と予防の方法 ≫ 2型糖尿病の症状や治療の方法、インスリンの注射を打たないために

2型糖尿病の症状や治療の方法、インスリンの注射を打たないために


2015_4_9_tutuji2.png

糖尿病の原因は一つではありません。

1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、その他の原因でなる人もいます。

ここでは一般的な2型糖尿病についてお話します。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

他の糖尿病関連の記事はこちら ⇒ 糖尿病の症状や治療と予防の方法


2型糖尿病の原因は、
1. インスリンの働きがよくない。
2. インスリンが必要十分なだけ分泌されない。

糖尿病は運動不足や肥満などにより、インスリン抵抗性がおこり、ブドウ糖が細胞に取り込まれにくくなり、血中が高血糖となります。

しかも、日本人は遺伝的にインスリン分泌が弱い人が多いのです。

糖尿病の約95%は2型糖尿病です。中高年に多く、歳を取るとともに増えます。遺伝的要因が強く、肥満や運動不足、ストレスなどで発症しやすくなります。

また、メタボの人も糖尿病になりやすいので、病院で検査を受けて治療をしましょう。


2型糖尿病の症状と経過は、気がつかないうちに発症し、検査で引っかかったときには、すでに高血糖という場合が多いです。

糖尿病の治療も初期の場合は、食事療法や運動療法で血糖値を良好に保てます。

しかし、年数がたつにつれて血糖値のコントロールが悪くなり、内服薬が必要になり、量や種類が増え、最後にはインスリンの注射が必要になることもあります。

2型糖尿病は初期のうちに、食事療法と運動療法でしっかりと血糖値をコントロールしていきましょう。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル