ホーム糖尿病の症状や治療と予防の方法 ≫ 1型糖尿病の原因と症状と治療方、治るの?

1型糖尿病の原因と症状と治療方、治るの?



2015_4_12_tutuji2.png

1型糖尿病について。

膵臓のランゲルハンス島のβ(ベータ)細胞でインスリンが作られます。

1型糖尿病は、膵臓のランゲルハンス島に炎症がおこりβ細胞が壊されてしまいます。その結果インスリンが作られなくなります。病気の原因ははっきりとは分かっていません。

1型糖尿病は、思春期に多く発病しますが、どの年代でも発症します、そして糖尿病の約5%を占めています。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

2型糖尿病はこちらです ⇒ 2型糖尿病の症状や治療の方法、インスリンの注射を打たないために

1型は、病気の発症を予防することはできません。そして、食事や肥満、ストレス、運動不足などとは直接には関係ありません。

症状としては、喉の渇き、多飲、多尿や、体重の減少が急にあらわれます。

自分の体にインスリンがないので、血糖をさげるには、インスリン注射をするしかありません。

インスリン注射は血糖を自己測定して、食事療法や運動療法で低血糖発作を起こさないように血糖値をコントロールしなければいけません。

インスリン注射は一生続くのです。

1型糖尿病にも合併症はおこります。血糖値のコントロールが悪いと2型糖尿病と同じように発症し重症化していきます。

1型糖尿病は治る(完治)ことは決してありませんので、寿命が尽きるまで、インスリン注射が必要です。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル