ホーム糖尿病の症状や治療と予防の方法 ≫ 妊娠糖尿病の原因や症状と治療法

妊娠糖尿病の原因や症状と治療法


2015_4_13_hana2.png

妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めてなった糖尿病にまだなっていない糖代謝異常です。

異常児(巨大児、新生児低血糖など)が発生する原因になります。また産後に糖尿病を発症しやすくなります。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

2型糖尿病はこちらです ⇒ 2型糖尿病の症状や治療の方法、インスリンの注射を打たないために

1型糖尿病はこちらです ⇒ 1型糖尿病の原因と症状と治療方、治るの?

妊娠中の胎盤のホルモンは、インスリンの働きをおさえインスリン抵抗性が高まります。

インスリン抵抗性とは、簡単にいうとインスリンが効きづらくなることです。

そのために血糖が上昇する場合がありますが、糖尿病の検査の基準値に至らない高血糖を妊娠性糖尿病として治療します。

妊娠糖尿病になりやすい人は、過去の妊娠で血糖値が高血糖だった人、高齢妊娠の人、2型糖尿病の家族のいる人、肥満などの人たちです。

妊娠糖尿病は、食事療法で血糖値がコントロールできなければ、インスリン注射をします。

出産直後には、高血糖は下がることが多いです。でも、将来的には本物の糖尿病を発病することが多くなります。

だから糖尿病の予防のためにも、産後は定期的に糖尿病の検査をするようにしましょう。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事
・無料でセレブ旅行に行く方法

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル