ホーム糖尿病の症状や治療と予防の方法 ≫ シックデイで血糖値は上がる下がる?糖尿病の食事

シックデイで血糖値は上がる下がる?糖尿病の食事


2015_4_16_satuki2.png

シックデイ対策を考える。

シックデイ(SickDay)とは、糖尿病の人が他の病気にかかった状態です。

シックデイには、かかった病気を治療するときの薬で血糖値に影響がでることがあります。

感染症は急速に血糖上昇しやすく、上がりすぎると糖尿病昏睡(ケトアシドーシス)になることもあります。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

その他の糖尿病についてはこちら ⇒ 糖尿病の症状や治療と予防の方法カテゴリ

シックデイには消化器病と呼吸器感染症が多いです。

消化器の病気は、腹痛や下痢、嘔吐(おうと)のため、食事や水分がとれず脱水症状になり、糖尿病昏睡(とうにょうびょうこんすい)を起こす危険もあります。

呼吸器感染症は、普通は血糖値が上がります。治療をしている内服薬をインスリンに変更したり、インスリンの量を増加したりします。

シックデイのときは、食事の摂取量が重要で、それによって内服薬やインスリン注射の量を決めます。

いずれにしても、早く担当医と連絡を取り指示を仰ぎます。(前もってシックデイの対応を医師と相談しておくことが重要です)


普通に食事ができていれば、シックデイでも問題はなく、感染症もひどくなると急激に高血糖になる場合があるので、血糖測定器で測る回数を増やしチェックします。


十分に食事ができないときの対処方。

食事療法と運動療法のみで糖尿病の治療をしているときは、安静にしていて、水分を十分にとっていれば、食事の量が少なくても大丈夫です。

内服薬やインスリン注射で治療をしているときは、食事の量が減少しても低血糖の症状がでるとは限りません。病気のストレスで高血糖になることもあります。


1型糖尿病の人は食事をしなくても、インスリン注射はしなくてはなりません。インスリンの量を調節しないといけませんので、血糖の自己測定のチェックが必要です。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル