ホーム日常雑貨 ≫ 座布団カバーのセットを捨てる、八端判と銘仙判の違いは

座布団カバーのセットを捨てる、八端判と銘仙判の違いは


2015_4_19_satuki1.png

座布団カバーのセットとシーツを1枚断捨離します。

これはどちらも貰い物です。

このカバーは、有加の座布団にはかかりません。座布団カバーが小さすぎます。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

前回の日常雑貨の断捨離はこちら ⇒ 布団圧縮袋に敷布団を入れてクローゼットに収納?

座布団カバー
断捨離した座布団のカバー5枚セットとシーツ。


有加の座布団は八端判サイズなのでだめです。この捨てる座布団カバーは銘仙判です。

座布団のサイズも色々あるんですね。有加は八端判(はったんばん)と銘仙判(めいせんばん)しか知りませんでした。あとは好きな大きさで作ってあるんだと思っていました。


座布団のサイズは、八端判が59cm×63cm、銘仙判は55cm×59cmです。

あとあるのが、茶席判(ちゃせきばん)43cm×47cm、木綿判(もめんばん)51cm×55cm、緞子判(どんすばん)63cm×68cm、夫婦判(めおとばん)67cm×72cm。

座布団のサイズには独特な呼び名がありますね。


JIS(日本工業規格)でも決まり事があって、Sサイズ(木綿判)、Mサイズ(銘仙判)、Lサイズ(八端判)と定めています。

たくさんあるサイズの座布団ですが、一番多く流通しているのは銘仙判です。

銘仙判って団地サイズとも言われているんですね。畳(たたみ)にもありますよね、団地サイズって。ちょっと小さ目ってことかしら。


いつも、座布団を見てて思うのは、有加の座布団が銘仙判だったらよかったのにってことです。

そうすれば、座布団カバーを選ぶ時に、柄が選び放題です。たくさんあるから。八端判って、めったにお目にかからない。


クッションも持ってたりするんだけど、腰が痛いのでソファーは捨ててしまったので、クッションカバーをしてその辺に転がっている。
腰痛クッションとか骨盤クッションとかインテリアの通販で購入したけど、有加にはちっとも効果はなかった。あと、長座布団も買ったけど、ジャマくさくて、すぐに処分した。

クリックして応援していただけると嬉しいです。
  ↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事

スポンサードリンク

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 断捨離シニアの楽しい生活 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル